loading

BLOG

2021.08.13 自作クラフトコーラのススメ

クラフトコーラは自分で作れるんです

オンラインワークショップでは、スパイスときび砂糖、瓶とリーフレットがセットになったキットが事前に送られてきます。
ここ数年、クラフトビールやクラフトジンといった
小さな醸造家による特徴的なお酒作りの流れがあり
「クラフト○○」という飲料が多く見えるようになりました。

そんな中でも最近流行なのが、クラフトコーラ。

コーラは健康によくない飲料の代名詞とも言えるようなものでありましたが、
これをスパイスを自分で調合して、こだわりの安心の材料を使って
コーラを作れてしまうということで、その物珍しさと、子供から大人までみんなが
飲んで楽しめることも相まって、とても注目されています。

クラフトコーラにとくに定義はなく、コーラと名乗ってしまったものがちだったりしますが、
その多くは、炭酸で希釈して飲むための濃いめのシロップを作るということになります。

このシロップはとても甘くなっているため、ジャムや砂糖漬けのように
常温で保存しておいても、なかなか腐ったりしないため、保存性の良さも魅力的。

またスパイスの調合は自分の好みでバランスを替えることで
自分だけのオリジナルコーラを作ることができるというのも楽しいところなのかもしれません。
コロナ禍におけるおうち時間が増える中、自宅でスパイスをコトコト煮出すことに
楽しさを見出す人も多いようで、このクラフトコーラシロップ作りはとても流行っています。

ちなみに、この配合をいろいろ替えることで、実はジンジャエールみたいになったり、
ドクターペッパーみたいになったり、あるいは暖かいミルクティに混ぜればチャイになったり
といった幅広く広がる楽しさもあったりします。

また、スパイスや原料に決まりがないということもその魅力であるため、
日本の地方のローカルの名産品を使って、地元のご当地クラフトコーラも続々と出来ています。
いま町おこしの次の救世主はこのご当地コーラかもしれませんね!

そんなクラフトコーラ。
まだまだ、流行の初期段階。

現在は「ともコーラ」さんと「伊良コーラ」さんの2大ブランドが有名ですが
これからますますいろいろなところからコーラが出てくるのではないでしょうか。

筆者も、最近クラフトコーラをよく飲むのですが
スパイスが口の中に広がり、心地よい刺激と、しっかりした原材料からくる安心感
そんなことも相まって、むしろ滋養に良さそうな感覚がしています。


そんなクラフトコーラ。
市販品ですと、買うと結構いい値段がします。
200mlの原液で大体1500〜2000円くらいが平均的な価格です。
だいたい5杯くらい飲める量です。
うーん、毎日楽しむにはちょっと高いような気もするんですよね。。

となると、これはもう自作するのが一番!

実はある程度スパイスの基礎的な部分を知ってしまえれば、
自分でも結構簡単に作ることができるんです。
そうすれば、コスパよく日々に取り入れることができるのでおすすめです。

ネットをいろいろ調べれば、ある程度わかりますが、
ちゃんとした先生に教われるといいなと思いましたので、
ここからは宣伝になりますが、
クラフトコーラの作り方を学べるオンラインワークショップを開催いたします。

オンラインなので、おうちから参加できますし、
当日の都合が悪いようでしたら、録画データを共有することも可能です。

ぜひ一度、クラフトコーラの世界を学んでみませんか?
ミルスルでは、オンラインワークショップを開催いたします
8月28日(土)14時〜 @zoom live

https://www.milsule.com/2021/08/10/craftcola_onlineevent_202108/